2016年度 開催概要

先進映像協会アワード表彰式2016 アドバンスト イメージング ユニバーシティ セミナー


11月16日(水) 11:00-17:00
※ 展示は11月16日(水)~18日(金)

幕張メッセ Inter BEE 2016 展示ホール4
INTER BEE IGNITION内オープンステージ

日本の先進映像の制作技術やコンテンツ表現を、教育・啓発・表彰活動を通して発展・普及させることを目的とした業界団体である「先進映像協会 日本部会(Advanced Imaging Society, Japan Committee:略称AIS-J)」 は、アワード表彰式2016およびアドバンスト イメージング ユニバーシティ セミナーを開催します。今年度はINTER BEE 2016との共催により、大規模かつ魅力的なプログラムを準備し、多くの方々のご参加をお待ちしています。

事前予約不要。直接会場へお越しください。




AIS-Jは、設立以来、良質な先進映像作品へ贈られる ルミエール・ジャパン・アワードを実施してきました。本年度は3D、4Kに加えVR部門を設置するとともに、グッドプラクティス・アワードでは3DとVRをフィーチャーし、当該分野の普及・発展への寄与が期待される取り組みを表彰・公表いたします。

■先進映像協会 グッドプラクティス・アワード 2016

グッドプラクティス・アワードとは、当該分野の普及・発展への寄与が期待される取り組みを表彰するために2013年度に新設されました。第4回は、以下の本賞2件、奨励賞2件に贈られます。

本賞 「PlayStation®VRをはじめとしたエンタテインメント向け先進映像技術への取り組み」
 ソニー・インタラクティブエンタテインメント




本賞 「『9次元からきた男』をはじめとしたドームシアター向けコンテンツへの取り組み」
 日本科学未来館




奨励賞 「ハコスコ - スマートフォンを利用した360°動画およびVRコンテンツへの取り組み」
 株式会社ハコスコ




奨励賞 「3D映像の教育応用 - 小学校における授業実践の取り組み」
 東京福祉大学 教育学部 柴田隆史研究室





■ 先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード 2016

ルミエール・ジャパン・アワードは、国内で制作・公開された優れた3D・4K・VRコンテンツを表彰することで、良質なコンテンツの拡大と品質向上を目的として、2011年より行われています。本年度の受賞作品は、当日、会場にて発表されます。受賞作品のダイジェスト上映や展示ブースでのデモンストレーションも行いますので、ご期待ください。





アドバンスト イメージング ユニバーシティ (旧称:3Dユニバーシティ)セミナーは、AIS-Jによるイベント型の教育・啓発活動です。本年度はVRを中心に、国内外の最新動向を紹介します。

「VR, HDR and HFR: The AIS Activity Report」

ジム・チャビン
Advanced Imaging Society
(先進映像協会 米本部) 会長

「3DからみたVRの課題と展望」

河合 隆史
先進映像協会 日本部会 (AIS-J) 会長
早稲田大学 理工学術院 教授

「From Timely to Timeless
Opportunity and the Future-proofing of VR」


ガイ・プリムス
The Virtual Reality Company CEO
(映画「オデッセイ」VR制作)
逐次通訳 石島 康司